JavaScriptが使えない状態ではこのページを正常に表示することができません。有効にしてからアクセスして下さい。
▲上に戻る


忙しい9月


なんてったって、9月は忙しい。
来年3月までの鶏に食べさせる野菜を
育てないといけない。
9月いっぱいまでに種を撒いてしまわないと、
ユムタは寒いので野菜の芽が出てたとしても、大きくならない。
そういうわけで、今日は種蒔き。
種蒔きと言っても、簡単に種を撒くわけでもない。
ちゃんと順序があるのである。
まずは鶏糞をスコップで砕く。
半年間溜まった鶏糞だからタップリとある。
一部屋にたぶん2t~3tくらい。
7部屋あるので、半年で15t~20t。
1年で30t~40t。
これを手で運び出して畑に入れる。
言葉で説明するのは簡単だが、
映像にしてみるともっと簡単だ。
今日は1日頑張って600kg~700kgを運び出す。

少し砕いて600kgくらい。
醗酵しているのでそう匂わない。

 
これをドンドン肥料袋にスコップで入れる。

1袋10kg~13kg。
これを50袋つくる。
そして軽トラへと運び込んで荷台に2段に積み込む。
積載量600kg。
?積載可能?

これを軽トラからドンドンと落として撒いていく。
600kgを100坪ほどに平均に撒き終える。
全部手作業。

肥料を撒き終えたら、今度はトラクターの仕事。
キレイに耕してくれる。
さすがにこれは手作業不可能。
人数がいれば結構面白いが、一人では無理だ。

さて、種を選ぶ。
この時期でもしっかり発芽してくれる種を撒く。
霜にいちばん強いのはなんと言っても小松菜だ。

手のひらにたっぷりと種を出す。
そして歩きながら右手の親指と人差し指で種をつまみ、
少しづつずらしながら手をあちこちに振る
種もあちこちに飛び回る。
その後、全部に種を撒き終えたら、
今度はトラクターで表面だけ耕す。
種に少し土がかぶる程度。
ハイ、これで終了。
一日かかってここまで。
一人でやるにはこれくらいが限度。
畑の空いている部分はまだまだある。
どんどん種を撒かないといけない。
今年は8月9月がいろんなこと(イベントなぞ)で忙しく、
種蒔きがあまりできなかった。
野菜ができなかったら死活問題だ。
あ~~~ぁ、ちゃんと芽が出てくださいませ。
お願いします~タネちゃん♪

Pocket

コメント

  1. きつつき より:

    昨日のイベントではおいしい卵をありがとうございました!
    福岡大学の稲村です。
    お野菜、ちゃんと芽が出るといいですね★
    またブログ覗きにきます!

  2. yumutafarm より:

    きつつきさま
     こちらこそありがとうございました。
    とても楽しい有意義な会でした。
    昨日私の友人の元リクルートの久次に彼のことを話しました。
    彼の上司とは友人だったそうです。
    いろんなところでつながってますね。
     おふたりのお話しをお聞きして、
    昨日街づくりのイメージがふつふつと湧いてきました。
    これからの1ヶ月で第一回のフェスを企画することにしました。
    本当にありがとうございました。
    また遊びに来て下さい。
    オフカイもどうぞよろしく。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です