JavaScriptが使えない状態ではこのページを正常に表示することができません。有効にしてからアクセスして下さい。
▲上に戻る

未分類


ゆむたファーム×深草・夏のピクニック!


 さて、今週日曜日に迫りました
「ゆむたファーム×深草・夏のピクニック!」ですが、
今回は深草の花さんを招いて、ゆむた食材を沢山使って頂き、
美味しいご飯を沢山作って頂きます。

12669526_1104431722908855_1207316639835972982_n 

花さんは食材の見極めに長け、
その食材の旨みを如何にだそうかということを
考え調理をされますから、ゆむたのお肉やお野菜が
どの用なご飯になるか楽しみです。

13487333_888701684573208_323646119_n

 当日はゆむたファームへ登り、
たまご拾いや野菜の収穫を行い、
バーベキューで焼く鶏を捌きます。
子どもたちも多いので、
どのようになりますでしょうか。

904460_315027655289317_2094901903_o 

持ち帰って野菜は、日森園山荘にて焼き野菜として
食します。

 

L10C0018.JPG

食事の後は川遊び。
暑さの中での小休止。
ゆったりとくつろいで頂きたいです。

L10C0003.JPG


夏の農場開きと川遊び


夏の農場開きと川遊びでは、多くの方の参加を頂きました。
夏野菜の収穫、たまご拾い、鶏と遊ぶ等々、
おっかなびっくりの子どもたちも最後は大はしゃぎ。

13901336_10206860114442039_6497373722285194598_n 

川の水は清く、この暑さを忘れる程。
はしゃぐ子どもたちに、水辺を楽しむ大人たち。
自然の豊かさを改めて感じる時間でした。

13882275_1063304647078701_232098082911637070_n

日森園山荘では、精進料理のメニューである冷や汁や
木耳の白和え、空芯菜やツルムラサキの炒め、
更に鶏の塩麹焼きやベーコンエッグ等々、
食材の豊富なうきはならではの食事で、
皆さんに楽しんで頂きました。

L10C0034.JPG

秋、もしくは春にはまた農場開きを行いますので、
どうぞご参加ください。
ありがとうございました。


初夏の農場開き2016


この上ない晴天に恵まれて、農場開きを開催することができました。
参加頂きました皆様、ご協力頂きました方々に深く感謝申し上げます。

13232883_10153457066395736_6996393750988788885_n 

ファームにて芋掘り。

13274999_1193971423960217_869172538_o

卵拾い。鶏拾い・・・

 

13275398_1193971553960204_1087541762_o

日森園山荘にてうきはの季節の野菜を中心にした食事。

 

13263693_1805572699663619_4602331115920512066_n

うきは百姓組・まっか農園の石井さんのトマト。

 

13267820_1805572479663641_9116874824816157692_n

鶏の塩麹焼き。

 

13226742_1805518286335727_6226504631015434743_n

リバーワイルドのベーコンエッグをたんまりと。

 

13255928_1805572519663637_7633836213753573957_n
炭酸とフェンネル。

 

13288322_1193971810626845_539134693_o

うきはの美味しいケーキ屋さん、ル・シュクルさんに作って頂いたゆむたロール。

13288432_1193971883960171_2043036440_o

お腹一杯になって川に入って遊ぶ。

 

13226674_10153457067080736_685191870707095537_n (1)
水切りできる?
子どもの頃に戻れる空間。

川のせせらぎと心地良い風を体に受けて、
心も体もリフレッシュできましたでしょうか。
またイベント開催の時にはお知らせ致します。
どうもありがとうございました。


【満員御礼】ゆむたファーム初夏の農場開き


【満員御礼】ゆむたファーム初夏の農場開き
期日が迫って参りました。
定員が満員に達しましたので、満員御礼とさせて頂きます。
ご検討頂きました皆様、ありがとうございました。
また参加予定の皆様、どうぞお気をつけてお越しください。
楽しみにお待ちしております。

L10C0015.JPG

日森園山荘にて


初夏の農場開き


初夏の農場開きを5月22日(日)に開催致します。
空気がとても美味しく、若草の匂いが心地良い季節です。

P2014_0726_143635

 

卵拾いをしたり、餌をあげたりします。

201311100916000

 

すぐ下の日森園山荘にて食事を致します。

10644943_604203199713611_2153310330037840474_n

 

季節の野菜や山菜、ゆむたの食材を使い素材の味を楽しんで頂きます。

535170_687205871383061_2775126869749045832_n

 

リバーワイルドのベーコンとゆむたのたまごのベーコンエッグです。

1531885_10202597316667303_7830174116140162377_n

 
子どもたちも食べることを楽しみます。
10599457_604203493046915_3302435092692633112_n

食べた後は寛いだり、横の川で遊べます。

DSCF1136

 

初夏のうきはの山中をお楽しみください。

10624871_604203136380284_7165321796544542812_n



1958183_926774384102021_9038408270147434551_n

NATULAL PICNICに参加させて頂きました(BBB POTTERSにて)。

生産者とそこから産まれる素材をとても大事にしてくださる、

素晴らしい技を持つ飲食店の方々による企画。

 
「生産者のみなさんがヒーローになるイベントをやろう」

という掛け声から始まったイベントで、

忙しい中、足を使っての現地取材も頂きました。

参加くださった方々もまたそうした考えを共有できる方が多く、

とても豊かな時間の流れる空間となりました。

多くの有難い出会いに感謝致します。

〘企画:クロマニヨン・フリッジ・イルフェソワフ

・アルティザン・アンベギャブル・チェルニア〙
 


春の畑


L10C0009.JPG

畑が春の匂いに変わってきた。朝もやが湧きたち、畑を低く流れゆく。サンシュユの黄金色の花が青い空に小さく広く輝いている。草間の小松菜も「そろそろですか、そろそろですね」と塔を立てようかと話をしているようだ。

 

 

 

 


毎日の野菜


L10C0026.JPG

喜んでいる喜んでいる。
こらなら毎日野菜をあげないとなと肝に思う。
しっかりと統計をとっているわけではないが、
日本で産まれし鶏の九割九分以上は生の野菜や草を食べられない。
機械にはフレッシュの物は入らない。
ここに来た鶏たちには野菜をあげよう。
君たちの育てた野菜だ。


夜と朝の狭間にて


L10C0021.JPG

夜露に覆われた大地に朝の光が差し込んで来る。草木にあった露が水蒸気となり、霧を産み、ゆるやかに流れていく。             真冬とは違う朝。光。            土も植物たちも流れ落ちる水滴を春近しと感じ得るだろう。小松菜はもう苔が立ってきた。

 

 

 


紅菜苔


L10C0019.JPG

紅菜苔(コウサイタイ) 中国野菜で2月から3月までが旬。
とう立ちした茎と蕾を取り、油でさっと炒めると、
特有の甘味と粘り気があり美味。

茎と葉脈は赤紫色であり、寒さにあたる程その色は鮮やかになる。
この高冷の地にありて冬野菜の極上とはこの菜なり。