JavaScriptが使えない状態ではこのページを正常に表示することができません。有効にしてからアクセスして下さい。
▲上に戻る


たまねぎ収穫


たまねぎ収穫できました!
今年は寒い冬だったせいか、
玉が太ってません。
早モノの玉ねぎを100本植えてましたが、
40個くらいは採れたでしょうか。
そのほとんどは小ぶりです。
しかし、 小ぶりには小ぶりの料理を!
鶏のひき肉とグリーンピース、
そして小ぶりの玉ねぎをそのままドブーン!
グツグツ煮込んで・・・

出来上がり!
美味しい玉ねぎのスープができました。
こうやって食べると、
玉ねぎの甘みが丸ごと食べれます。
家族にも大好評。(珍しく)
化成肥料で育てるとブカブカで水っぽい玉ねぎになるけど、
鶏ちゃんたちの鶏ふんで育てると、
小ぶりで甘みのギュッと詰まった玉ねぎになります。
さて、梅雨に入りそうな九州北部地方。
(まだここは梅雨じゃないみたいですね)
雨と雨の日をぬって、玉ねぎの収穫、
これはなかなか難しそうですね。
グリッと晴れて頂けないでしょうかねぇ。

Pocket

コメント

  1. は・ざ・く・ら より:

    暑さ、寒さ、関係無く、2月の下旬までに、追肥として油粕をたっぷり与えれば十分に育ちますよ。30年来の有機栽培の知恵です。

  2. takagi より:

    は・ざ・く・ら さま
    コメントありがとうございます。
    鶏ふんに頼りがちになり、研究を遠のけております。
    これは失礼いたしました。
    もう一度コメント頂ければありがたいですが、玉ねぎはマルチをしているのですが、その上から油粕をばらまけばよろしいのでしょうか?元肥だけで、あとは追肥をしたことがないのでよくわかりません。よろしければ教えてください。

  3. は・ざ・く・ら より:

    元肥として鶏糞堆肥は必要不可欠の肥料ですが、ここぞ、と、云う時の、旨み、甘み、がちょっと足りないんです。瓜系なんか作ったら、そこいらがはっきり出てきます。甘みをもっとだそうと思うならば、油粕に米ぬかを混ぜると、もっと甘く成ります。私は、自慢じゃ無いですが、近所のじじ、ばばに、私の持論を薦めています。問いにあたり、マルチにせんと無駄な草取りが大変でしょう。2月の下旬はまだ球根自体大きく成っていないから、油粕をバラバラと播きます。たまねぎを採ったあと、マルチをそのままにし、メロン系、キュウリを植えつけます。追、彼方んちの鶏糞堆肥は一般に売られている物より、成分的に低いと思います、だから太る力が無いんだとおもいます?。

  4. takagi より:

    は・ざ・く・ら さま
    早速コメント頂きありがとうございます。
    瓜系の甘みの足りなさは感じておりました。
    早速今日にでも油粕を購入してみます。
    ヌカは餌用にたっぷり確保してますので、
    ばらまいてみます。
    ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です