JavaScriptが使えない状態ではこのページを正常に表示することができません。有効にしてからアクセスして下さい。
▲上に戻る


鶏を食す


鶏に感謝して、鶏を食す。
命のその最後まで頂く。
ということで、今日はやきとり。

吉井町のI家にて、鶏をどう食すのが
鶏を美味しく食べれるのかを話し合う。
ファームの鶏は約1歳8ヵ月で肉にする。
それ以上になると卵が悪くなったり、産まなくなるので、
肉質が硬すぎない2年以内に捌くのがいい。
現在、スーパーなどで食用の肉として出回っている鶏肉は
約2ヶ月程で成長させて店頭に並ぶものがほとんどなので、
身がフニョフニョだ。これならばそのままソテーしても
柔らかくていいのだが、ファームの鶏はそのままソテーしても
現代人には硬くて食べれない。
そこでまず炭焼き。
遠赤外線でじっくりと焼く。
モモ、ムネ、皮、レバー、ハツ、スナズリ。
塩を上の方からバラバラとかける。
煙が立つ。
こんがりと焼け色がつく。
話しが弾む。
やはり囲炉裏はいい。
本当は今日の日程で、筑後の中間たちと
その産物を寄り集めて、
「やきとり祭り」を開催する予定だった。
ただこのような状況のなかでの開催はできなかった。
それで延期をするに至ったのだが、
もう少し落ち着いてきたら
中間たちを集めてやきとり祭りをやりたいと思う。
地域を元気にするのは自分たちの手で。
 

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です