JavaScriptが使えない状態ではこのページを正常に表示することができません。有効にしてからアクセスして下さい。
▲上に戻る


リバー・ワイルドにて


 いつもお世話になっている「リバー・ワイルド」さんで、
土曜日、「山下カオリさんのカバン展」が行われていた。
 山下カオリさんはうきは市吉井町在住の方で、
ナチュラルテイストのカバンを手作りで作られていて、
県内でも有名な方だそうだ。
不覚ながら私は存じ上げなかった。
今日はロック好きのリバー・ワイルドさんの企画ということで、
初めて「ロック調のカバン」を作られたそうだ。
 山下カオリさんのカバン
 手作りでいろんなカバンをつくられるというのはすごいですね。
写真は一部ですが、壁にはいろんなテイストのものがありました。
彼女のカバンが好きな方は結構いらっしゃるようで、
この企画店に足を運ばれる方が、あとからあとからやってきました。
 私が伺った時は、丁度本人が一人でいらっしゃって、
いろいろとお話しさせて頂きました。
「なるほど、人として魅力的な方だ」とうなずくことができました。
やはり物づくりで人を感動させることができる人は、
その作っている方もなんというか、「爽快さ」というか、「純粋な輝き」というか、
そういうものを持っているものだとあらためて感じました。
 さて、そんななか、リバー・ワイルドさんにはお昼に伺ったので、
そのまま話題の、「筑後ミルク豚」のカレーを頂くことに。
この「筑後ミルク豚」は、久留米の頑張っている牛乳生産者から牛乳を購入し、
その牛乳飲ませて育てた豚で、今回が初出荷。
これを食べないわけにはいかないので、そのままランチ。
実は仕事中だったのだが、まあ腹ごしらえ。
(ここがサラリーマン時代とは違うところ)
ミルク豚のカレー
 カレーには豚の旨みがたっぷりとしみこみ、
尚且つ豚肉がホロホロと口の中で解けていく。
なるほど、さすがリバー・ワイルドさんの豚肉。
ほんとうに美味い。
さすが全国区の生産者だ。
 リバー・ワイルド
 お店はこんな感じ。
奥は加工所と豚舎になっている。
冷蔵庫にはいっているのは、ほとんどがソーセージなどの加工品。
このソーセージがドイツでも名だたる賞を頂いたとか。
すごいですね。
頑張っている人が近くにいるというのは刺激になってとてもありがたいです。
ちなみに、リバー・ワイルドさんは私と同級生。
私もそれなりに頑張らなくっちゃ。へへ
 

Pocket

コメント

  1. RIVERWILD!!!!! より:

    どうもどうも!!
    ブログ掲載ありがとね~
    それと書き込み遅くてごめん・・・・(笑)
    高木くんの仕事、、、充分リスペクトしていますし、刺激も頂いてますよ。
    これからも美味しい玉子をよろしく。

  2. takagi より:

    RIVERWILDさま
    コメントありがとうございます。
    先日I家では楽しい時間でしたね。もう少し時間が欲しいところでした。また次回お誘いしますので、都合がつけば起こし下さい。
    I家での時間は私の貴重な時間です。親交、見聞、すべてにおいて充実しております。またぜひどうぞ。
    今度鶏もっていきま~す。先日はありがとうございました~。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です