JavaScriptが使えない状態ではこのページを正常に表示することができません。有効にしてからアクセスして下さい。
▲上に戻る


山汐菜 「ほんとはカブだった・・・の巻」


yamashio.jpg 山汐菜
山汐菜、だとおもう。
あれ?今気付いたが根元にカブがついてる。
今までのものはカブはついてなかった。
でも葉っぱの形はギザギザで同じようだ。
あれ?
山汐菜を紹介しようとしたが、どうも具合が悪い。
もう一度写真取り直すとしよう…
他のところに植わっていたものはカブはなかったし…
この葉っぱ、なんだろう?
とにかく昨日漬けてもらった。
すでに水が上がっているから、今日には食べられるだろう。
美味しくなかったらどうしよう…
ふつうに山汐菜の漬物ならば、
風味がよくピリッとしてとても美味しい。
山汐菜の漬物はここ筑後名産の漬物だ。
その昔、筑後川の氾濫で上流から流れてきてこの地で自生したらしい。
そういえば阿蘇高菜に形が似ているようにも思う。
何はともあれ、こんな美味しい物を発見した先人には感謝だ。
この辺りの人はこの山汐菜の漬物が大好き。
一度だけゆむたファームブランドの漬物をお店に並べたことがあるが、
一日できれいになくなってしまった。
一日しか出していないので評判が伝わってこないが、
ファームの山汐は間違いなく美味しいと思う。
山で赤土で醗酵鶏ふんで育った野菜はほとんどのものがピカイチ!
ただ人間の方が忙しく追いつかずに、出荷ができない状態…
そのうち研修生を入れることができれば、
「漬物屋 ゆむたふぁーむ」に改名しようかな~
今のところの漬物レパートリーは、
野菜は、山汐菜、高菜、野沢菜、壬生菜、小松菜、カブ、大根・・・
ぬか漬けも研究の価値があると思う。
そうすると大量にとれた夏野菜も漬物に早代わり。
漬物がある生活はやっぱり幸せだ。
おいしいご飯もね。
漬物屋 ゆむたふぁーむかぁ・・・
^^^^^^^^^^^^^
後日談「すいません、これはカブでした。ほんとの山汐菜は
次の日のブログでUPしてます。失礼しました。」

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です